採用担当メッセージ募集概要人事・教育制度Q&A内定者企画!OB・OG訪問内定者企画!就活研究中途採用

就活研究:内定者に聞きました!

内定者Q&A 回答一覧就活研究トップに戻る

Q1. なぜSEを志望したのですか?

回答者写真

回答者氏名

自分の長所を活かせるように、「新しいことを勉強できる」「手に職をつけることができる」「土日祝が休み」「集団で協力できる」という就活の軸を設定しました。その結果、SEが自分の理想に近いと思い志望しました。

回答者写真

回答者氏名

SEに興味を持ったのは文系でも「ものづくり」に携われるという点です。自分の作ったシステムが誰かの問題や課題を解決し、人の役に立つ、やりがいのある仕事だと思いました。
また、ずっとパソコンの前で一人仕事をするのではなく、お客様と直接やり取りをしたり、チームで仕事をしたりと多くの人と関わり合いながら仕事ができる点にも惹かれました。

回答者写真

回答者氏名

知人にSEとして働いている方がいて興味を持ち、説明会に参加したのがきっかけです。
「専門的技術が習得できる点」「常に成長を目指せる点」「チームで協力して仕事ができる点」この3点に魅力を感じ、SEを志望しました。

▲質問一覧へ戻る

Q2. なぜITAを選んだのですか、その理由を教えてください。

回答者写真

回答者氏名

1つ目の理由は、社員を「人財」として大事に育ててくれる会社だと思いました。長時間労働のイメージがあるSE業界で、離職率が低く、新入社員をきちんとSEとして育てる充実した教育制度がありました。何より面談の中での人事の方々の柔らかい雰囲気からも、人を大事にしていると伝わってきました。この社会でなら成長できると思い志望しました。
2つ目の理由は、会社の立地が魅力的という点です。通勤ラッシュも無く、多摩センターという自然に囲まれ落ち着ける場所で働くことによって、肩の力を抜いて働き、この会社に長く落ち着けるだろうなと思い、志望しました。

回答者写真

回答者氏名

私がITAを志望した大きな決め手は人の良さです。選考の際も「面接」ではなく「面談」であり、私自身のことについて親身に聞いていただきました。また、私の質問に対しても細かく丁寧に話していただきました。そういった面から、社員の1人ひとりを大切にしているという雰囲気が伝わってきました。加えて、会社の周りの過ごしやすい環境も決め手のひとつです。

回答者写真

回答者氏名

ITAの環境に惹かれました。私自身、理工学部では個別にパソコンと戦うような環境で過ごしました。そのためエンジニアという職種に抵抗すらありました。しかし、ITAの職場を見学した際、開放的な空間で、社員同士がよくコミュニケーションをとっているのが印象的でした。みんなが協力しあって仕事を進めている様子に惹かれていきました。
また、人柄の良さにも惹かれました。ITAにはエンジニアでありながら、対人能力が高い方が揃っていると感じました。就職活動を通じて、人柄や能力をアピールする表現力の大切さを感じました。ITAの社員の方々からは、その人柄の良さや表現力の高さを感じました。そういった社員の方への憧れもITAへの決め手の1つです。

▲質問一覧へ戻る

Q3. 就活で一番力を入れるべき点は何ですか?

回答者写真

回答者氏名

「自己分析」だと思います。企業の方々に等身大の自分をアピールするためにも、まずは自分がどういう人間であるかをしっかり理解する必要があると思います。また、それを的確に伝える力も就職活動においては大事だと思います。

回答者写真

回答者氏名

僕の場合、就職活動で一番、力を入れた点は「企業分析」です。その中でもHPやパンフレットなどでは感じることのできない ”会社の雰囲気” を特に意識していたと思います。説明会や面接を通して、会社自体の雰囲気や働いている社員の方の雰囲気などが自分に合っているかを見ていくことがいいと思います。

回答者写真

回答者氏名

私は「他人から見てもらい、意見をいただくこと」だと考えます。自分では良いと思っていても、他人から見ると印象が良くないこともあります。自己分析や業界研究、面接等のマナーなどを他人に見てもらうことで、今まで知らなかった自分が見えてくることもあるので大事だと思います。ただし、鵜吞みにし過ぎるのも自分らしさが薄れてしまうので程々に。

▲質問一覧へ戻る

Q4. 就活の失敗談や改善点を教えてください。

回答者写真

回答者氏名

私の就職活動中の失敗談は、SPI試験対策を怠っていた点です。面接の際に話す自己PRの内容や在学中に頑張ったこと等は吟味していたのに、SPI試験対策には気持ちが向かず、いつも試験日前日に慌てて勉強し、試験後は煮え切らない気持ちでいました。就活生の皆さん、SPI試験対策の書籍やサイトは充実していますし、内容はそれほど厳しいものではないので、余裕を持って取り組みましょう!

回答者写真

回答者氏名

所属していたゼミにあまり出席することができず、卒業論文の作業が想定以上に遅れてしまったことです。就職活動中は時間を作るのが大変だと思いますが、説明会や面接の空き時間に少しずつでも参考文献を読んでいくことが大事だと痛感しました。

回答者写真

回答者氏名

私は面接で緊張のあまり、思うように話すことが出来ませんでした。事前準備や練習は勿論、大事ですが、面接の雰囲気は実際に受けてみないと分かりません。なので、面接を多く経験し、場慣れしていくことをお勧めします。自信を持って臨めるよう、頑張ってくださいね!

▲質問一覧へ戻る

Q5. 就活に役立った経験は何ですか?

回答者写真

回答者氏名

大学まで続けた陸上競技です。自分の弱みを練習で改善し、試合でさらに記録を狙うというサイクルを就職活動に置き換えたことで、面接態度が良くなっているとその度に感じました。また、部活では明るい雰囲気作りを心掛けていました。そのおかげか、最終面接でも自然体で臨めました。

回答者写真

回答者氏名

バンド活動やサッカー観戦など趣味に力を入れて活動をしていたことです。これらの趣味で様々な年齢の方と話す機会が多かったのですが、もともと人見知りだった自分にとっては初対面の人と臆することなく喋れるようになって面接時も自分を100%出すことが出来たように感じます。また、趣味に力を入れることで、良いリフレッシュにもなりました。

回答者写真

回答者氏名

就職活動中に日記を書いていたことです。企業説明会・面接の直後だけでなく、休日に遊びに出かけた時などに、見たことや感じたことをすぐ日記にメモしていました。その結果、「自分は何をやりたいのか」「何が得意なのか」をじっくり見つめ直す機会となり、自己分析やエントリーシートにつなげることが出来ました。

▲質問一覧へ戻る

Q6. 就活で得たことは何ですか?

回答者写真

回答者氏名

私が就職活動で得たことは、コミュニケーション能力です。特に、それを実感した時は面接の時です。最初は質問を受けるたび緊張してしまい、言葉が上手に出てきませんでしたが、面接の回数を重ねる度、スムーズに言葉が出てくるようになりました。

回答者写真

回答者氏名

就職活動を通じて、学生と社会人が大きく違うということを学びました。働くことの大変さや苦労、何より多くのことが自分一人だけの問題ではないため、社会人として責任ある行動が求められるなど、今までの生活とは大きく違うものであるということを学びました。

回答者写真

回答者氏名

就職活動では、言葉に説得力を持たせることの大切さを学びました。志望動機を伝える際、ただ「働きたい」「これがやりたい」という気持ちだけでは抽象的過ぎました。具体的目標や、自分の特性に添って伝えることで、誰が聴いても納得できるようにしました。様々な企業の方と話すことは、学校という枠を越え、初めての社会と関わることなのだと感じました。公的に自分を見る良い機会になり、話し方や伝え方もそれに合わせられるようにしました。

▲質問一覧へ戻る

Q7. 就活中の不安、辛かったことはありますか?

回答者写真

回答者氏名

筆記試験や面接に関することは勿論ですが、「時間通りに目的地へ辿り着けるか?」「クールビズで説明会に参加していいのか?」など、就職活動中は何から何まで不安なことだらけでした。先輩やキャリアセンターからたくさん情報を得て、不安を取り除くことをオススメします!

回答者写真

回答者氏名

将来への不安から焦り、会社や業界の適切な判断が出来なくなってしまうことです。就職先が決まらない不安から手当たり次第に様々な企業を見ることになってしまい、時間も無駄にしてしまうだけでなく、自分に合った企業を見つけづらくなってしまった時がありました。

回答者写真

回答者氏名

面接に慣れるまでが辛かったです。就職活動が始まって間もない頃は上手く話すことができなかったり、緊張で頭が真っ白になってしまったりすることがありました。その頃は選考の結果も芳しくなく、毎日、不安でした。面接は回数を重ねるごとに改善点が見つかるので、その都度、直していくことが大切だと思います。

▲質問一覧へ戻る

Q8. 就活中の気分転換の方法は何でしたか?

回答者写真

回答者氏名

私は、最低でも週に1日は息抜きの日を設定していました。就職活動で毎日、大変になるとは思いますが、この日は休む!という日を決めておくと精神的に楽になります。それから、私は歌うことが好きなので、カラオケで思いっきり歌ってストレス解消したりしていました。

回答者写真

回答者氏名

私は、喫茶店が好きなので、そこでのんびりすることですかね。都内はたくさんあるので。
あとは、サークルに顔を出して、後輩や同期と喋ってストレス発散していました。

▲質問一覧へ戻る